バカでも20代で資産1000万!?【FIREまでの記録】

高卒28歳 会社員がFIRE達成するまでの記録

FIER計画【2022~2030年】

年初来の、世界情勢により相場が不安定化して含み損が発生。

今後本当に私が、FIREできるのか?

不安になることがあったので改めて自分の計画を見直してみたいと思う。

 

大きな目標として

  1. 純資産3000万円
  2. 2030年までにサイドFIRE達成

この2つを目標に現在は資産運用中である。

 

資産3000万円の約4%の資産取崩しor4%の配当金で約120万(税引き後96万)

約100万円の資産所得を獲得して、FIREしようと考えているのだが、当然ながら年100万円で、すべての生活費を賄えるほどの収入にはならない。

そのため、残りの生活費を稼ぐ必要がある。

完全なFIREというよりはサイドFIREといった形になるだろう。

 

次に、2030年までにサイドFIRE達成について

なぜ2030年を設定しているか?

それは、会社の家賃補助が終了する年にあたるから。

私の勤めている会社には、家賃補助制度があり10年間はこの制度が適用される。

現在、都内の賃貸物件を借りて生活をしているが、そのうち7.5万円を会社が支払っている。

そのため、家賃負担はかなり少なく済んでいて、正直助かる。

しかし、この制度も10年間となっている。

現在2年目で8年後の2030年終了を迎える。

月額7.5万円。年間にすると90万円(非課税で)

私の年収が、8年後に+90万円されれば現状維持の生活が可能だが、残念ながらそれはないだろう。

なぜなら、18歳から28歳までの10年間の昇給は、年5000円ペースという実績を目の当たりにしているからである。

私が、自己投資をしてこなかった結果でもあるが...もともと勉強が嫌いな私は自己投資が得意ではない。

このペースで行くと8年後に年収は48万円上がり家賃補助はなくなり-90万円になる。

トータルで-42万年収が下がることになる。

さらに、昇給することで増えた48万円には税金+社会保険料が掛かり手取りはさらに低くなるだろう。

このことから、2030年を目標と設定している。

 

FIRE後の生活について。

一つの疑問が出るだろう。

「年間約100万円で生活なんてできるの?」

この問題に関しての回答は『完全なFIREは正直無理だろう。

 

私は、大原遍理さんの様にはなれない

books.rakuten.co.jp

 

現在の最低生活費年間支出が約170万なので、70万円不足する。

この70万を労働所得で補うというのが私の狙いだ。

月に約6万円稼げばよい

 

先日、散歩をしていた時にホテルのパート募集の張り紙を見た。

10:00~15:00 時給1000円 休憩30分

というものだった、1日あたり約4000円

十分な収入だと思った。

単純計算ではあるが、15日働けば6万円

週3~4日働けばよいことになる。

こんな生活もいいな。

 

 

個人の人生=時間をどう使うかは自由だが、時間の裁量が少ないことが嫌だ。

自分の人生において大切な事の一つに【時間】が存在することを認識するのに、社会に出て10年。生まれてから28年かかった。

これは、今の私が出す一つの価値観である。

 

しかし、人生は多様性があり価値観は常に変化するもの、思考が偏らないようにポートフォリオも思考もリバランスすることも大事であることを忘れない。

 

 

私なりのFIRE達成まであと8年or3000万

つづく...